マイクロスコープ精密治療

肉眼に比べ20倍の視野を確保した「マイクロスコープ精密治療」

精密治療

斉藤歯科医院では、「歯科マイクロスコープ」という器具を導入することで、より精緻な治療を実現しております。「とりあえず歯を削る」といった従来の治療方針を採用せず、天然の歯を守ることを常に意識しながら治療を進めてまいります。マイクロスコープに関しては、当ページをご参照ください。

視野のみならず歯科治療の可能性も広げる歯科マイクロスコープ

歯科マイクロスコープとは歯科治療用に用いられる顕微鏡を「歯科マイクロスコープ」といい、肉眼に比して視野を約20倍まで広げることができます。

そのため、本来は狭くて見づらい口腔内をクリアに観察することができ、歯の変色や表面の細かなヒビ割れといった問題や歯の形状の変化を、今まで以上に正確に把握することが可能となります。

歯科マイクロスコープは、歯科治療の在り方やアプローチを広げ、患者の方のより望ましい歯の状態を実現させることのできる最新の機器なのです。

歯科マイクロスコープを用いた視野の例

歯科マイクロスコープによる視野

上掲画像は、肉眼とマイクロスコープによる視野をそれぞれ比較したものです。視野の違いは一見して明らかで、これにより治療の可能性も大幅に広がります。観察の難しい患部に対処しようとする場合、どうしても削らねばならない部分が大きくなってしまいますが、このようにクリアに観察できれば、必要最小限の部位を削るだけで治療を行うことができます。天然歯を残そうとする場合、これは大きな違いとなります。

“You can only treat what you can see.”
‐ 見えるものしか治療できない ‐

ペンシルバニア大学の歯内療法学科の教授、Syngcuk Kim氏の言葉です。この大学は歯内治療において世界的に知られています。当院ではこの言葉を玩味しつつ、マイクロスコープによって「見えるもの」すなわち治療できるものを広げ、質や応用性の高い治療を提供していきます。

見えるものしか治療できない

低侵襲治療における歯科マイクロスコープの活用

  • 歯の削る部分を最小限に

    削るマイクロスコープを用いることで、歯を削る部分を最小限に抑えます。これはどこまでが虫歯組織なのかを正確に把握できるためです。

  • 抜歯を最少限に

    抜くマイクロスコープによる観察で、歯周病治療の精度は飛躍的に上がり、根管治療も適切に行うことができ、抜歯も必要最少限で済みます。

精密治療を歯科マイクロスコープによって行うことの利点

  • 歯を削る際、その箇所や範囲を精密に把握することで、ピンポイント治療ができます。
  • 口腔内の綿密な観察により、虫歯等の病巣の早期発見が可能となります。
  • インプラントや詰め物等、顎や歯への適合処置で、マイクロ単位の調整ができます。
  • 細部までの調整を行うことで、被せ物や詰め物のフィット感を高め、長持ちさせます。
  • 個人によって異なる歯の色合い等の確認により,インプラント等も馴染ませられます。
  • 歯と歯茎の隙間等も細かく捉えられ、歯周病などのチェックも確実に行なえます。

歯科全体から見て、たった5%程度の導入率の歯科マイクロスコープ

マイクロスコープを使用の歯科医院

マイクロスコープは精密・正確な治療のために重要な役割を果たす器具ですが、これを導入している歯科医院は、日本全体にある約7万軒のうち、3千軒程度といわれています。つまり、おおよそ20軒につき1軒の歯科にしか導入されていないわけですね(津田沼の歯科医院でも数えるほどしか導入されていません)。

マイクロスコープの有無によって治療の精度は確実に変わってきますから、天然歯の保存が強く意識されるようになった現在においては、この器具を使用した治療が多くの患者の方からも求められています。今生えているご自身の歯を大切にしたいと願うのならば、是非マイクロスコープによる精密・正確な治療をご検討ください。

津田沼の歯科で「削り・抜歯はなるべく少ない方がいい」という方へ

治療するなら精密な治療が良い

斎藤歯科医院が何よりも大切にするのは、「自分自身の歯(天然歯)を守りたい」という患者の方の思いを可能な限り尊重すること。マイクロスコープを用いた精密な処置は、天然歯の保存にも高い効果を発揮します。津田沼の歯医者さんで、今後の生活を意識した的確かつ負担の少ない治療をお求めであれば、当院へのご相談をお薦め致します。