無痛治療

痛くない歯医者をお探しの方へ 歯科無痛治療のススメ

無痛治療

歯科医院を嫌っている方、敬遠している方はぜひ一度当院にお越しください。歯医者さんが嫌い、敬遠している理由として「治療の痛み」「恐怖心」が筆頭だと思いますが、斉藤歯科医院では「無痛治療」を提供しています。無痛治療は、治療の際の痛みを極限まで抑えた治療法で、痛みに敏感な方に大変好評です。なぜ痛みを感じにくいのか、そのワケをご紹介します。

【斉藤歯科式】6つの無痛治療法

無痛歯科治療

斉藤歯科医院では、歯科治療で生じる痛みを抑えるために6つの方法を採用しています。痛みの感じ方には個人差があり、完全無痛は難しいですが、痛みの少なさにびっくりされることも多いこの無痛治療。痛みに敏感な方にぜひ受けて頂きたいです。

  • ①塗る麻酔、表面麻酔を使用します

    表面麻酔歯科治療では麻酔注射を行う場合がありますが、針を用いる治療ですので当然痛みが出ます。当院では歯肉に塗るタイプの麻酔を塗って、歯ぐき表面をマヒさせたうえで注射を行い、感じる痛みを軽減させます。

  • ②細い注射針(31G)を使います

    極小の注射針当院が使用する注射針の径は、現在使用されている歯科麻酔針の中でトップレベルに細い「31ゲージ」です。鍼灸と同じで、針が細ければ細いほど注射時の痛みを軽減できます。

  • ③痛みを軽減する麻酔針の刺し方

    麻酔の打ち方痛みの大きさは麻酔の打ち方によっても左右されます。歯肉に大きな圧力がかかると痛みを生じますので、針を刺す時、粘膜を針に当てるように注射を行うことで痛みを緩和します。

  • ④拡大鏡を用いた低侵襲治療

    低侵襲治療治療時には拡大鏡を用いて低侵襲治療を行なっています。拡大鏡を使用することで、削る面積を減少させることができます。侵襲面積が大きいと痛み度合も強くなりますので、低侵襲治療は無痛治療に繋がります。

  • ⑤削らない治療「レーザー治療」

    レーザー治療軟組織の切開、切除など、レーザー治療は多くの用途で利用されています。レーザー治療は基本、痛みを感じることはありません。また、ドリル不使用で嫌なもなくせますので、歯科恐怖症の方にもオススメです。

  • ⑥予防歯科について

    予防歯科健康維持で大切なことは病気になる前のケアです。歯科医院でも、虫歯になる前のケアに重点を置いています。虫歯や歯周病にならないように、定期的なお口のメンテナンスや定期検診をオススメしています。

津田沼で痛みの少ない歯医者をお探しの方はぜひご相談下さい

痛みを感じない歯医者

このように斉藤歯科医院では、痛みを感じにくい歯科無痛治療を常時行なっています。痛みが原因で歯科医院から足が遠のいている方、恐怖心を抱いている方からも非常に喜ばれています。「こんなに痛くないなら、もっと早く治療に来れば良かった」、などの声も実際にたくさん頂いております。また、早期発見、早期治療で侵襲の度合いもより少なくなりますので、百聞は一見にしかず、まずは一度、気軽に当院までご相談ください。